新着情報

災害時要援護者台帳登録の申込みについて(高齢者福祉)

 障がい者福祉ではヘルプカードがありますが、ここでは高齢者福祉でも

同じように、いざというときに役に立つ災害時要援護者台帳の登録を行うことになった。

 志木 市では、災害時の安否確認や避難誘導等の支援を迅速かつ円滑に行うため、

  自力で避難がで   災害時要援護者台帳の登録申込みを開始しました。

この台帳は、災害時に自力で避難ができず、周りの人の支援を必要とする人を対象に作成し

事前に地域の民生・児童委員、町内会、自主防災組織、消防団に提供し

災害時の安否確認や避難支援などに役立てるものです。

ぜひ、この制度の趣旨をご理解いただき、災害時要援護者台帳登録の申込みをしていただけますよう、お願いします。

登録対象者

  災害時の避難に支援を必要とする在宅の人で、支援を受けるために必要な個人情報を提供することに同意した次のような人です。

(1)75才以上の独り暮らしや75歳以上のみの世帯の人

(2)介護保険の要介護の認定を受けている人

(3)身体障害者手帳の交付を受けている人

(4)療育手帳の交付を受けている人

(5)精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人

(6)難病患者見舞金を受給している人

(7)その他災害時に支援が必要な人

登録方法

  上記の登録対象者に該当する場合は、随時、登録申込などを受け付けていますので、

 「志木市災害時要援護者台帳登録(変更)申込書」を、福祉課又は高齢者ふれあい課まで提出してください。

登録情報の提供先

  登録された情報は、市の防災関係部局、福祉関係部局で共有するほか、民生・児童委員、町内会、

  自主防災組織、消防団に情報提供されます。

登録にあたっての注意事項等

(1)登録情報を提供することについて、本人の同意が必要です。        

(2)台帳への登録は、個人情報保護の観点から原則として本人による申請となりますが、本人の身体状況などで申請できない場合は、

 配偶者などによる代理申請ができます。

(3)登録内容の変更や登録の必要がなくなった場合は、市へ届け出てください。

(4)具体的に避難を支援する人(地域支援者)を決めることとしていますので、

登録情報を提供することについての地域支援者の同意が必要です。

なお、地域支援者は、あくまでも善意と地域の助け合いにより支援を行ってもらうものであり、

災害時に支援ができないこともありますが、責任を伴うものではありません。

(5)要援護者台帳登録をしたことで安心し、ただ助けてくれるのを待つだけでなく、

常に「自分の身は自分で守る」という意識を持ち、日頃から積極的に地域支援者などと良好な関係をつくるよう、

心がけてください。

防災危機管理課

  • 電話番号:048-473-1111  内線2326防災・国民保護)・2322(消防)
  • E-mail:bousai@city.shiki.lg.jp